腰痛解消を徹底研究してみました。

子供の腰痛

腰痛は大人だけのことだと思っている人も多いと思いますが、実際には子供でも腰痛はあるのです。
腰痛というのは実は子供でも発症しやすいのです。

子供で腰痛になりやすい原因はスポーツなど、特定の行動をして腰に負担をかけていることが原因と割れています。
脊椎分離症と呼ばれる病気によって、腰痛になるといわれているのです。
この脊椎分離症ですが、なかなか子供でも多いとされている症状です。

これは脊椎の一部が、切り離されてしまうというもので、スポーツをしている人に多く発症すると言われています。
脊椎分離症になるリスクを見てみても、運動をしていない子供の場合の発症率は3パーセントですが、それに対して、運動をしている子供の場合には小学生では3倍、そして中学生でも3倍、高校生の場合には5倍のリスクがあるといわれているのです。

筋性用追従と呼ばれる症状で椎間板ヘルニアになることもあり、そして腰痛が起きる子供もいますし、腰痛が遺伝になることもあり、親が腰痛をかかえていると、子供も腰痛を発症するというケースもあるのです。

子供でも腰痛はありますから、子供の腰痛はないといって、子供が腰が痛いといっても聞かないのではなくて早めに病院で見てもらいましょう。