腰痛解消を徹底研究してみました。

運転と腰痛

運転をしている人は腰痛になりやすいといわれています。
運転というのはかなり腰に負担をかけることになるのです。

運転をしている人の中でも、特に長距離のドライバーの人や車の運転をしている人などは、いろいろと大変だと思いますが、やはりこうした職業の人は、腰痛になる可能性が高いといわれています。

運転をすると腰痛になりやすい理由ですが、その理由は、運転というのは同じ姿勢を長時間とっているからです。
腰に負担がかかるというのが一番の理由です。

人というのは座っているときのほうが、立っているときよりもかなり腰に負担がかかるといわれているのですが、腰痛がひどい人は、座っている仕事をしている人が多いのです。

運転に限らず、デスクワークをしているという人もその結果、腰痛の悩みを抱えやすいといっても過言ではありません。
運転をしているときに腰痛になることに対してですが、シートの座り方を替えるだけでも十分に予防法に繋がります。
シートは深く座って太ももの裏がシートにしっかりとくっつくようにすることが大切です。
そして背もたれはあまり倒さないようにしたほうがいいでしょう。

背中を倒しすぎるとこれも、腰に負担がかかってしまいます。