腰痛解消を徹底研究してみました。

座り方と腰痛

腰痛について考えるのであれば、座り方にも注意が必要です。
座り方一つで腰痛を改善させることも、悪化させることも原因になることすらあるのです。
ですから腰痛を改善させたいと思っているのであれば、しっかりと座り方も考えていくようにしましょう。

立っているときよりも、座っているときというのは思っている以上に腰に、負担がかかるといわれています。
どれくらい負担がかかっているのか、背筋を伸ばしてよい姿勢で座っていたとしても、なんと立っているときの1.4倍もの負担が、腰にかかるとされているのです。

腰痛を予防するための座り方について出ゥsが、腰痛の予防のために座り方を考えるのであれば、イスに座るときは浅めに腰掛けることがポイントです。

そして左右どちらかに体重をかけずに、バランスよく均等に座ってください。
長時間座ることは腰に負担をかけることにも繋がりますから、時間も考えましょう。

腰痛を予防するなら背筋をしっかりと伸ばす、左右均等にバランスよく体重をかける、両足は地面につけることがポイントです。
デスクワークなどでイスに座る機会が多い人は腰に負担がかかりやすいですが、2時間に1度は立って、休憩を入れるなどして姿勢を変えるようにしましょう。