腰痛解消を徹底研究してみました。

妊娠と腰痛

女性は腰痛を抱えている人がとても多いといわれていますが、特に妊娠中に腰痛になる人の確率はとても高いといわれてます。
アンケートをとってみると、答えた人の半数以上が腰痛を訴えていたのですが、特に妊娠中に腰痛に悩まされている人がとても多かったのが特徴です。

妊娠中の腰痛の原因というのは人それぞれ色々とあるのですが、根本的な原因はなんでしょうか?
その原因は一つ目はホルモンといわれています。
ホルモンの中でもレラキシンと呼ばれるホルモンが腰痛を引き起こしています。

レラキシンはホルモンの一つですが、これは骨盤を緩める働きのあるホルモンです。
レラキシンが作用するのは出産の際なのですが、出産に必要ではありますが、腰にも負担が相当かかっていることになります。

そして二つ目の原因として挙げられるのはおなかがどんどん大きくなりますから、その結果腰が負担になってきて腰痛になるのです。
月日がたてば立つほど、お腹は前にせり出す上体になります。

そして体の重心は後ろから前になりますが、その結果腰痛になりやすいのです。
自然な背骨のカーブがもう取れなくなったりして、妊娠中は腰痛になる人がとても多いといわれているのです。
あなたも気をつけましょう。